体臭と銀イオン


銀は自然が生みだした金属です。
銀は化学記号では、『Ag』と書かれます。

銀(Ag)を水に入れておくと、微量の銀イオン(Ag+)が溶けだしてきます。
昔から、水の保存には銀の壺(つぼ)が使われていました。

銀イオンが含まれた水は、大腸菌や赤痢、発疹チフス、コレラ等の細菌、微生物を殺してくれて、長期間安全な状態で保存が出来たのです。

銀イオンは非常に高い殺菌力があり、しかも、人体に無害です。
銀は人や自然にやさしい物質です。

銀イオン・ナノシルバーの抗菌力は、腐敗臭を含むいろいろなニオイの発生防止にも利用されます。

体臭は、汗、皮脂、蛋白質(たんぱくしつ)等を細菌が分解することで発生しますが、銀はその細菌を殺してくれるのです。

体臭以外に人の体から出る悪臭
◆体臭
・甘酸っぱいニオイ
ワキガのニオイは、黄色ブドウ球菌が汗や皮脂の成分を分解する時に発生する脂肪酸が大きな要因とされています。

・強い刺激臭
腋や足のニオイは、ジフテロイド菌がアポクリン腺などの分泌物を分解する時に発生する 3-メチル-2-ヘキセン酸などが大きな要因とされています。

◆生乾き臭
洗濯後に衣服を部屋干しした時に発生する雑巾のようなニオイは、洗濯衣類中に僅かに 堆積した皮脂やタンパク質の汚れが、好気性一般細菌により分解され、その時に発生する脂肪酸が要因の一つとされています。

◆腐敗臭
生ゴミのような嫌なニオイは、食品などを腐敗させる細菌が大量繁殖を起こした際に 発生するニオイ成分が要因の一つとされています。

◆ムレ臭
更衣室やバック等から発するムレ臭いニオイは、上記のような原因菌が高温多湿の環境下で大量繁殖してニオイを発生するのが原因です。

※銀(銀イオン・ナノシルバー)は、その抗菌能力でニオイの原因菌を抑制、ニオイの 発生を防止する効果(防臭)が期待できます。また、ニオイを分解・吸着(消臭)するその他素材との併用により、更に大きな効果を期待することができます。


昭和50年代になると、銀イオンによる殺菌は、病院等の医療機関でも利用されるようになりました。
薬剤耐性菌のMRSAに対しても、有効な殺菌力があり、熱傷患者の治療用の水槽やリハビリ用のプールなどで使われたのです。

その後は特別養護老人ホームや、老人保健施設、デイケアセンター等の介護施設のお風呂や、スーパー銭湯等の入浴施設でも
レジオネラ菌の感染症対策として、塩素殺菌と併用して使われています。


銀イオンを加えることで、塩素による、刺激臭を減らすことが出来て、殺菌力は低下しないのです。

銀イオンは、人工的に作られた抗菌剤よりも、はるかに安全なため、現代の生活用品にも色々と利用されています。

カビ防止剤、防腐剤、カステラや羊羹(ようかん)の内包装としての銀箔、消臭剤、銀イオン発生付きの空気清浄機、洗濯機、銀繊維を使った体臭防止用の衣類、靴下、

銀イオンの殺菌効果
ブドウ球菌、サルモネラ菌、赤痢菌、レジオネラ菌、緑膿菌、ポリオウィルス、ロタウィルス、ヘルペスウィルス等、多くの細菌やウィルスに有効です。

芽胞菌、疥癬には効力がありません。

銀イオンの安全性

銀は、既存添加物名簿126番に食品添加物として、認可されています。
あの、口臭予防の『仁丹』の表面も純銀コーティングです。この程度の量なら、人体には無害なのです。

水銀と銀は全く違います。


ナノシルバー

銀イオンは物質の最小単位の原子と同じ大きさで、ナノミクロン=百万分の一ミリ(1/1000000mm)程度です。

細菌の大きさは、ミクロン=千分の一ミリ(1/1000mm)と、銀イオンの千倍もあるので、銀イオンは細菌の細胞のすきまに、簡単に入り込めます。

細菌の中に侵入した銀イオンは、細菌の栄養摂取を阻害し、生命活動や増殖を防ぎ、死滅させます。

細菌・ウイルスの大きさの比較=ナノ・マイクロ

銀イオンを使った体臭防止石けん



posted by 体臭の解消 at 14:12 | 体臭とサプリメント


関連サイトリンク集
足のニオイ・体臭・加齢臭を防止!デオシームで臭いの予防対策を
魚臭症に関するヒント・体臭の悩み解決のために
チョコレートで体臭が消える?
Powered by さくらのブログ